トップへ戻る暮らしの情報医療文化/教育食事旅行役立つドイツ語リンク集サイトマップお役立ちデータ・クイックリンク
渡独前後とドイツを去る時住まいの情報運転/車買い物娯楽/スポーツナイトライフ掲示板更新履歴
買い物⇒買い物一般情報
 買い物一般情報 
[戻る]
ほとんどの商店の営業時間は、平日は午前9時、あるいは10時から20時まで。土曜日も20時、あるいは19時迄となっており、日本のように週末にゆっくり買い物を楽しむようになっていない。但し、大型スーパーや一部のスーパーなどでは、平日22時や24時まで営業しているところもある。
花屋さんは、日曜日の午前中も営業しているところが多い。
一般的な開店時間以外にどうしても買い物が必要な場合は、全てのものが買えるわけではないが、下記の方法がある。

《デュッセルドルフ中央駅(Hauptbahnhof)で買う。》
中央駅には、下記のようなお店があり、日曜日も営業している。
スーパー(日本のコンビニのようなもの)、ドラッグストア、本屋、花屋、ベーカリー、薬局。
主なお店の営業時間は下記:
Farmer Haus(通路中央): 月〜水・日 06:00-23:00、木〜土: 24時間
DM(ドラッグストア):月〜土 7;00-23:00、 日 10:00-22:00
薬局:月〜金 7;00-20:00、 土 08:00-20:00
Internationale Press Gravert(本屋): 月〜金 5:30-23:00、 土・日 5:30-22:00
花屋 月〜金 7;00-20:00、 土 8:00-20:00、日 9:00-19:00

《デュッセルドルフ空港で買う(Flughafen Duesseldorf)で買う。》
空港には、下記のようなお店があり、日曜日も営業している。
スーパー、本屋、花屋、ベーカリー、薬局等。
主なお店の営業時間は下記:
REWE-City-Markt(スーパー): 毎日 05:00-24:00
薬局:毎日 6:30-21:00
薬局:月〜金 7;00-20:00、 土 08:00-20:00
本屋:毎日 5:00-21:00
花屋:毎日 6:00-23:30

《キオスク(Kiosk,Trinkhalle)で買う。》
主な街角や、住宅地の中に小さな商店(キオスク=Kiosk,Trinkhalle)があり、ここは土・日曜日でも、大体朝7時頃から夜9時頃まで開いている。 買えるものは、簡単な食料品(パン・ハム・チーズ・卵・缶詰・菓子類等)、飲料(水・ミルク・ジュース・ビール等)や、簡単な日用品、雑誌・新聞等である。 家の近所のキオスクの場所と営業時間を覚えておくと便利。

《ガソリン・スタンド(Tankstelle)で買う。》
ほとんどのガソリン・スタンドには日本のコンビニのようなショップがあり、上のキオスクと同じようなものが手に入る。 深夜営業や土・日営業をしていて便利。
飲料水についてのアドバイス
水道水はカルキ分が多く含まれている硬水なので飲み水としては口に合わないことが多い。ドイツ人の大半も飲料水は購入している。
飲料水を購入する際、炭酸の入っていない自然水(Quellwasser, 又は、Mineralwasser ohne Kohlensaeure)か、炭酸入り(Mineralwasser mit Kohlensaeure)かという点に注意する必要がある。レストラン等で注文する場合も同様である。
日本人の多くは炭酸入りの水を好まないが、注文時に自分の希望を言わないと炭酸入りが出されてしまうのが普通である。
買い物のマナー
店にもよるが、一般的に高級店では、あれこれと手にとって触るのはやめた方が賢明である。手にとって見たい場合には、一言店員に声をかけるようにしたい。
一般的にドイツは日本と比べ愛想がないが、こちらがマナーを守っているのに、不当に失礼な態度をとられた場合には、堂々と抗議することも必要である。