トップへ戻る暮らしの情報医療文化/教育食事旅行役立つドイツ語リンク集サイトマップお役立ちデータ・クイックリンク
渡独前後とドイツを去る時住まいの情報運転/車買い物娯楽/スポーツナイトライフ掲示板更新履歴
暮らしの情報⇒ゴミの処理
 ゴミの処理 
[戻る]
デュッセルドルフ市、メアブッシュ市、ノイス市のゴミの処理方法を説明しています。 方法は、原則的に同じですが、異なる場合には地域別に分けて説明しています。 環境保護のための一番の解決法は、ゴミを減らすことです。 日常生活の中で、どのようにゴミを減らせばよいのか、具体例を上げてみます。
  • 買い物をする際、買い物袋や買い物かごを持っていくことで、ビニール袋や紙袋の使用を避ける。
  • 包装していない品物を購入する。マーケットや個人商店では、余計な包装をせずに、新鮮な品物を手に入れることが出来る。
  • デポジットボトル(ビンを返すと預かり金が戻ってくるシステム)を購入する。何度も同じ容器を使うことで、無駄なゴミがでない。リサイクル不可のビンや缶、紙パックに入った飲み物の購入は出来るだけ避ける。
  • 詰め替えシステムを活用する。シャンプーや洗剤等には詰め替え用のボトルや容器で売っているものがある。空になったボトルは捨てずに、中身だけを買い、再使用する。
  • 新品を買うのではなく、フリーマーケットやセコンドハンドショップ、あるいは広告等で中古品を探す。
  • 使い捨て食器など、一度しか使わないような商品の使用を出来るだけ避ける。
◆ゴミの分別と捨て方◆
ゴミの種類によって、各々の捨て方があります。 どのゴミが、どの分類に入るかは、下記に代表的なものを記載。これらの例から判断して、それぞれのページに移動して下さい。 より詳しい説明や具体的な処理方法が説明してあります。
同じゴミでも、いくつかの違った捨て方がある場合があります。 自分の家や地域のシステム、便利さ等を考え、最適な捨て方を選んでください。

1.有機ゴミ(Biomuell)
野菜くず、果物の皮、紅茶の葉、コーヒーのフィルター、キッチンペーパー、木の葉、刈り取った芝、生け花など

2.古ガラス・ビン(Altglas)
ワインのビン、ジャムのビン、長期保存食品用のビンなど(割れた板ガラスは含まない)

3.古紙(Altpapier)
新聞紙、雑誌、本、カタログ、ダンボール、ノート、便箋、包装紙など

4.グリーンマーク(Der Gruene Punkt)
缶詰・清涼飲料の缶、アルミホイル、飲み物用紙パック、牛乳パック、乳製品・マーガリンのプラスチック容器、台所洗剤のプラスチック容器など

5.その他のゴミ(Restmuell)
調理済みの食品、肉・魚・ソーセージ、昆布・かつおの出がらし、揚げ物の残りの油、油こし紙、CD、フロッピーディスク、ビデオカセット、カセットテープ、電球、子供の玩具、割れた板ガラス、使い捨て紙皿など

6.電気製品・電子機器(Electro- und Electronikgeraeten)
テレビ、CD/DVD プレーヤー、PC、モニター、携帯電話、一般家庭用電気製品(冷蔵庫、掃除機、洗濯機等)、電動式玩具など

7.粗大ゴミ(Sperrmuell)
家具、たたみ、マットレス、じゅうたん、鏡、バギー、トランク、自転車、大型玩具、スポーツ用品、車用チャイルドシートなど

8.危険物・有害物質(Schadstoff)
洗剤、スプレー缶、クリーム類、電池類、蛍光灯、塗料など

9.リサイクリング施設に持ち込めるもの(Recycling)
古着、古靴、庭木、古電池、車のバッテリー、古紙、ダンボール、古ガラス、古オイル、CD/DVD、小型電気器具、電球、蛍光灯、薬類、有害物質など

◆ゴミの回収◆
ゴミの回収には、下記二つのサービス形態があり、市や地区によって、又、ゴミの種類によって異なる。
 フルサービス(Vollservice) 
自宅や住宅のゴミ置き場からゴミを回収し、空になったコンテナを再びゴミ置き場に戻しておいてくれる。 都市中心部はほとんどこのフルサービス形態がとられ、回収日を気にしながらゴミを出す必要が無い。
 パートサービス(Teilservice) 
ゴミ回収日に、住人自らが回収車の来る通りや定められた場所にゴミの容器を出し、回収後、容器を元の位置に戻すという作業をする必要がある。

【上記以外にも、ゴミ集積場に直接持ち込む処理方法もある。】
 デュッセルドルフ市: 
中央ゴミ集積場 (Zentraldeponie Hubbelrath)
Erkrather Landstrasse 81     Tel.0211-245412
月〜金曜日:  

7:00-16:00(但し、ローゼン・モンターグ、クリスマスイブ、大晦日は休業)

原則的にはゴミ廃棄場であるが、再利用可能なゴミの分別収集施設も併設されているので少量であれば持込可。(但し、個人に限る)
○ 持ち込んでよいもの:
  • 無料:(300リットル以内。およそ乗用車のトランクルームの容量)
    古ガラス、古紙、ダンボール、金属・プラスチック、または二種類以上の包装資材からできた容器、防虫加工等が施されていない木材、アスベスト(石綿)製品・アスベストセメント(要梱包)、冷蔵庫、暖房用放熱機
  • 有料:
    リフォームの際に出る石くず、ギプス、粗大ゴミ、その他のゴミ。
    300リットル(およそ乗用車のトランクルームの容量)まで : 10ユーロ
    500リットル(およそワゴン車のトランクルームの容量)まで : 15ユーロ
    1000リットルまで : 30ユーロ
    2000リットルまで : 60ユーロ
△ 持ち込めないもの:有害ゴミ、庭木類、中古電気製品
 ノイス市・メアブッシュ市: 
ゴミ集積場(Abfalldeponie)
Neuss-Grefrath, LoevelingerStr. 101     Tel: (02131) 98 47 0
月〜金曜日:  
土曜日:  
7:00-19:00
7:30-12:30

持ち込んでよいもの:
  • 原則的には市によって回収されないゴミ全般。
    −リフォームの際に出るゴミ(例:洗面台、便器、ドア、窓、庭の柵、石くず)
    −乗用車用古タイヤ(5個まで、ホイール付きもOK)
    −古くなった油(20Kgまで)
    −一度に大量に出た家庭ゴミ、粗大ゴミ、庭木類(乗用車で持ち込める量に限る)
    −有害ゴミの回収がない地域は直接ここに持ち込むことができる。(20Kgまで)
ノイス市民の場合:
  • 個別にゴミを持ち込む場合は、容量で1立方メートル、重量で200kgまでは無料。それ以上の場合は、量に応じて料金が請求される。
  • ノイス市民であることを証明する書類(ドイツの身分証明書、住民登録の際の書類等)の提示が必要。
メアブッシュ市民の場合:
  • 個別にゴミを持ち込む場合、容量で1立方メートル、重量で200kgまでは搬入1回に付き10ユーロかかる。それ以上の場合は、量に応じて料金が請求される。
問い合わせはUmwelttelefon(02132-916191) 、もしくは直接ゴミ集積場まで。