トップへ戻る暮らしの情報医療文化/教育食事旅行役立つドイツ語リンク集サイトマップお役立ちデータ・クイックリンク
渡独前後とドイツを去る時住まいの情報運転/車買い物娯楽/スポーツナイトライフ掲示板更新履歴
渡独前後⇒滞在・労働許可
 滞在・労働許可 
[戻る]
滞在許可(ビザ)が必要な場合:
滞在目的や期間によってビザの種類・必要の有無が異なる。日本人は、3ヶ月以内の観光目的の滞在にはビザは不要。3ヶ月以上滞在する場合は、ビザを取得する必要がある。ビザは日本で申請する必要はなく、ドイツ入国後申請できる。また、労働許可が必要な場合には、滞在許可と同時に手続きが行われる

種類:
下記滞在目的によって異なる
就労、経営責任者/支配人かつ共同経営者/出資者、オペア、就学・留学、家族のドイツ滞在に伴うその配偶者および子供、ワーキングホリデー

申請方法:
ドイツ入国後速やかに、滞在する市町村の住民登録課-Einwohnermeldeamt-にて住民登録の後、同市町村の外国人局-Auslaenderamt-にて滞在許可-Aufenthaltserlaubnis,Aufenthaltsgenehmigung,Aufenthaltsbewilligung-の申請をする。デュッセルドルフ市の外国人局は完全予約制なので、前もって申請手続きのための予約を入れる(予約は代理人でも可能)。この申請手続きは、委任状-Vollmacht-があれば代理人でもできる。

申請に必要な書類:
  1. 現在有効なパスポート
  2. 写真(6×5cm、3ヶ月以内に撮影) 2枚
  3. 申請用紙(デュッセルドルフ市の場合、市のホームページ [www.duesseldorf.de] の書類サービス [Formularservices] 項目からダウンロードできる)
  4. 住民登録確認証(住民登録した際に渡される、現住所の記載されている書類)
  5. 独文または英文の滞在目的を証明する書類(雇用契約書、入学許可証など)
  6. 賃貸契約書
  7. 就学目的の場合は以下の書類が必要となる:
     滞在費保証の書類 -金融機関発行の独文または英文の残高証明書など。
     ドイツで有効な健康保険の証明書
  8. 発行手数料 デュッセルドルフ市の場合: 50ユーロ、 子供用(16歳未満) 25ユーロ
  9. その他、種類により要求される書類が異なるので、事前の調査が必要。
ドイツを去る時:
住民登録の抹消だけで、滞在許可の解除の手続きは必要ない。

滞在許可の申請場所:


デュッセルドルフ市在住の場合:
Kommunale Auslaenderbehoerde Duesseldorf
Willi-Becker-Allee 7, 40227 Duesseldorf
予約制・受付時間 月・火:7:30-16:00、 水・金:7:30-13:00、 木:7:30-18:00
予約受付電話 0211-89 21020
オンライン予約ページ
予約フォームダウンロードページ


大きな地図で見る




メアブッシュ市在住の場合:
Auslaenderbehoerde des Kreises Neuss
Lindenstr.10, 41515 Grevenbroich
窓口受付時間 月・火・金:8:00-11:00、 木:8:00-16:00
電話 02181-601 3230


大きな地図で見る




ノイス市在住の場合:
Ordnungsamt der Stadt Neuss, Auslaenderbehoerde
Markt 2, 41460 Neuss
窓口受付時間 月〜水:8:00-16:00、 木:8:00-18:00、 金:8:00-12:30
電話 02131-903239, 903237


大きな地図で見る