トップへ戻る暮らしの情報医療文化/教育食事旅行役立つドイツ語リンク集サイトマップお役立ちデータ・クイックリンク
渡独前後とドイツを去る時住まいの情報運転/車買い物娯楽/スポーツナイトライフ掲示板更新履歴
運転・車⇒ドイツでの運転
 ドイツでの運転 
[戻る]
安全運転に関する注意事項を、日本と異なる点やドイツだけのものを中心に説明しています。
より詳しい、運転に関する注意事項は、別ページの、ドイツの罰則規定と点数制度を参考にして、安全運転を心がけましょう。

1.右側通行、キープライト。
2.制限速度 : 速度制限がない場合は下記。
市街地 50Km/h。 住宅地や道幅が狭い場所では30Km/h規制が多い。
郊外・一般道 100Km/h。
アウトバーン 無制限。 但し130Km/hが推奨速度。
市街地と、郊外・一般道は左のような標識で区分されている。 左側が市街地の入り口、右側が出口を示している。
市街地の中でも、住宅地や狭い道路では30Km/h規制が多い。 左側が規制地域の始まりで、右側が終りを示している。
3.信号 : 基本的に日本と同じだが、異なる点もある。
からになる時に、赤と黄色の同時点灯がある。この時点で発信の準備をしておくと、発信がスムーズになり流れに乗りやすい。 黄色の点滅信号は、一旦停止。→
その他、信号の手前に[50]とか[60]とか表示された小さな表示灯があるところもあるが、これは、この表示速度で走れば次の信号は青で通過出来るという意味。 反対に、この信号が黄色の点滅になっていると、次の信号は赤で通過出来ないという意味。
4.優先権
標識のない交差点では、右側の車(自分の車から見て右側から来る車)に優先権がある(自転車や馬車も右側の車に含まれるので要注意、また、道路の幅員には関係ない)。実際には、信号機や標識のない交差点は少ないので、優先権を示す標識に従って走行すればよい。 又、信号機が故障で点灯していない場合や、夜間で信号機が動作していない場合も、この優先権を示す標識に従って走行することが必要である。(左図参照)
ロータリー交差点では、特に標識による規制がない限り、ロータリー内を走行している車に優先権がある。又、同時にロータリーに入ってくる場合は自分から見て左側のクルマに優先権がある。(左図参照)
  • 踏切では、一旦停止の標識や信号がない限り一旦停止をする必要はない。
  • 安全地帯のない停留所において、路面電車が停車し客の乗降が行われている場合には(路面電車のドアが開いている場合)、その右側の車線を走行しようとする車両は、電車の手前で停止し、乗降が終了するまで(路面電車のドアが全て閉まるまで)待つ必要がある。
  • バス停に停車していたバスが発進する際は、そのバスが優先である。
  • 横断歩道では歩行者が絶対優先。歩行者は車が来ていても渡り始めるので必ず停止すること。
5.追い越し
  • 左側を追い越す。 右からは絶対に追い越しをしてはならない。
6.車線変更
  • 路面に引いてあるラインの種類によって、その線をまたいで車線変更出来るか出来ないかの規制がある。 特に、アウトバーンの出入口に多く、注意が必要である。
@破線:この線をまたいで車線変更出来る。
A実線:この線をまたいで車線変更することは禁止。
B組合わせ:破線側(上の場合右側)から線をまたいで車線変更は出来るが、実線側(上の場合左側)から線をまたいで車線変更することは禁止。
7.シートベルト等
  • 全ての座席(後部座席も含む)でのシートベルト着用が義務付けられている。
  • 12歳以下の子供は、子供の身長・体重に適応した公認の子供用安全ベルトを着用するか、子供用シートを装備してシートベルトを着用する。
  • 12歳以下の子供を助手席に乗せることは禁止。
8.給油
  • 殆どのガソリンスタンドがセルフサービスとなっている。 自分で給油した後、レジに行って支払いを行うが、この時、給油したポンプの場所番号を覚えておくと便利。
  • ガソリンには下記の種類がある。 どのガソリンを入れるか指定されている車もあるので間違わないように注意が必要。
    Breifrei 通常の無鉛ガソリン
    Super Breifrei ハイオク無鉛ガソリン
    Super Plus Breifrei スーパーハイオク無鉛ガソリン
9.ライトの点灯
  • 薄暗くなれば(朝夕、雨天、霧の場合など)ヘッドランプを点灯する。 降雪中の点灯は義務付けされている。
  • 車幅灯(スモールランプ)だけでの走行(信号待ちも含む)は禁止。車幅灯の点灯は停車中であることを示す。
  • フォグランプ(前後とも)は、本当に視界が悪く必要な時だけ点灯し、通常はめったに点灯しない。
10.緊急車両
  • 緊急車両は、速やかに道を空けて通す必要がある。 又、サイレンが鳴っていなくても、青い回転灯がついているときは緊急車両なので注意が必要。
11.事故
  • 事故にあった場合、先ず人命救助が最優先。 それから警察に連絡する。
  • 救急車 : 112
  • 警   察 : 110